サミサラ

サミタを検証するサラリーマン、略してサミサラ

サミタ用コントローラ改造記録⑮

サミタで使えるコントローラ改造
やっていきます。
まずは前回の続きから。

作業再開

f:id:kunipe:20240411194817j:image
元からあったトリガー基板の
はんだを吸い取り線で除去。

f:id:kunipe:20240411194829j:image
こちら新品ケーブル。
赤色とオレンジ色をGND用にして
わかりやすくしておく。

f:id:kunipe:20240411194839j:image
片方のコネクタ部分切除。

f:id:kunipe:20240411195203j:image
はんだ付けする。
この手の接合は根元の耐久性が
弱そうなので取り扱いに注意。

f:id:kunipe:20240411195419j:image
こちらMAXBETボタンの基板。
元あるケーブルを取り除き
コネクタ付きケーブルと交換。

f:id:kunipe:20240411195440j:image
きれいに取れた。
意外とはんだ除去は得意。

作業が滞っていた理由

そしてここからご紹介するのが
作業が一向に進まなかった最大の理由、
圧着である。

f:id:kunipe:20240411201419j:image

失敗し無残にくの時に曲がった
コネクタの皆さん。
君たちの尊い犠牲を無駄にはしない。

f:id:kunipe:20240411201511j:image
初期の圧着作品。
ひどいってレベルじゃない。
画像ではわかりずらいが
ぺったんこになっている。


こんな感じで悪戦苦闘すること
数週間。
仕事が終わっては日々コネクタとの戦い。
そしてついにその時が来た。


f:id:kunipe:20240411200305j:image
キレイに圧着できるように
なりました。


コネクタ圧着に詳しい方なら
経験があると思いますが、
圧着したコネクタをハウジングに
差し込むと

「カチッ、カチッ」

と2回音が鳴るんです。
この2回目の音がどうしても
鳴らなかったんです。


原因はいたってシンプル。
圧着に失敗していたからです。
2回音が鳴らないということは
コネクタとして未完成なのです。


まさに今日、やっとコツをつかみ
コネクタ圧着がおおよそできるように
なったのです。


できなかったことができるように
なるっていいですよね。
うまくいくっていいですよね。
達成感があるっていいですね。
努力が報われるっていいですよね。



・・・・・。
・・・・・。



真剣STAGEと
違ってね。

 

一気に進んだ

というわけで、
はんだ付け及び圧着作業が完了しました。
あとはモジュールの設定と
組み立てを残すところとなりました。
現時点での状態はこちら。

f:id:kunipe:20240411203623j:image
うーん、配線ぐちゃぐちゃ。
まぁここからはそこまで時間は
かからないはず。
何かミスでもしていない限りは。


いやー、真剣STAGEとにらめっこして
いないと作業が進む進む。


今回は真剣STAGEを稼働してはいますが
「勝ち負けは気にしない」を通り越して
「勝っても負けてもどうでもいい」
というスタイルなので実質やっていないに
等しいため作業が捗りました。


欲しいものないし、
無課金だから失うものないし、
ランキングに興味ないしと
3拍子そろっております。


真剣STAGEなんてこのくらいで
いいのかもしれない。
サミタに人生を縛られてはいけない。

今回の真剣STAGE

今回の真剣STAGEは無課金です。
前回の稼働でやはり今の知識や
経験だけではどうあがいても
勝てないことを再確認した。


もう勝ち負けにはこだわらないので
何か商品券以外にほしいものがあった
場合は稼働も考えるが、前回アバター
壁紙は手に入れたので、ほかのものは
とりあえずいらない。


真剣STAGEで勝てない理由として
知識不足や経験不足ももちろんあるが、
個人的には一番大きい要因として
夜の部にフル出勤できない現状では
どうあがいても勝つのは無理と結論づけた。


私が以前、ピンクモンスターや称号要素
などがない頃に真剣STAGEをやっていた
ころは120時間インテ勢であったが
プラスになったりならなかったりした
ものである。
今よりもさらに知識も経験も乏しい
状態ではあったが、日勤であったというのが
やはり大きいように思われる。



ピンクモンスターや風林火山なども
間違いなく勝つために優秀な店舗では
あるが、やはりドリームキャッスルや
ジャパングには遠く及ばない。
人気になる店舗には人気になるだけの
理由があるのだ。


勤務時間帯が夜勤から日勤に変わったとか
転職したとか、そういう特別な事でも
ない限りは真剣STAGEではこの先も勝てない
であろう。


仮に経験豊富で百戦錬磨のランカーの
皆様と言えども夜勤でジャパングと
ドリームキャッスルに週1~2回しか
通えないという縛りがあったとしたら
おそらく誰も勝てないような気がする。


今後は何か特別な好材料や新たな発見が
ない限り高額インテでの勝負はしない
予定である。


ということは逆に考えれば
コントローラを改造する時間が確保
できるということ。
幸い今日は仕事も休みなので一気に
進めてしまおう。

真剣STAGEぼやき②

真剣STAGEに参加して600時間インテを
購入したときに最も大切なことに
気付いた。


最優先入場券は
最終日にとっておいてはいけない。


ということである。


ランカーの順位争いのためならまだしも
私はランク外ではないか。
しかも商品券は言わずもがな、商品券以外の
景品だってさすがにほとんど残っていない。


私が最終日にドリームキャッスルで
最優先入場券を使うことに
一体何の意味があるというのだろうか。


これは以前からの私の悪い癖である。
そもそもイベント読みに自信がなく、
ここぞというタイミングを計りかねて
いるからこういうことになるのだ。


この癖を直さない限り勝つとか負けるとか
それ以前の問題である。
どうせ一回でいいから初代ミリゴとか
神輿を打ってみたいなー程度の
ふわふわした理由しかないのだ。


まぁいいや。
今後も多分この癖は治りそうにないし。
そもそも今後は600時間インテを購入する
ことも少なくなるだろうし。


とりあえず100万カチモ貯めて目標であった
アバターと壁紙は手に入れた。
600時間インテはもったいなかった気もするが
それなりに満足である。
さっさと本業のコントローラ改造に戻ろう。

真剣STAGEぼやき

先日ドリームキャッスルで
ダブルチャレンジという台を打ち、
3000枚ほど出た。
設定は2であった。


また別の日にピンクモンスターでは
バイオハザード5を打ち同じく
3000枚ほど出た。
設定は2であった。


低設定でもまぐれで出ることはある。
逆もまた然り。
高設定でも出るどころかへこむことも
しょっちゅうである。


私の真剣STAGEでの実体験で言えば
一番ひどかったのは初代北斗の
設定4でマイナス7000枚。


初代まどマギの設定6で
マイナス3000枚。


設定6の槍撃が2台合わせて
マイナス5000枚なんてのもあった。


こうして振り返ってみると
多分まだ期待値に収束していない
ような気がする。


やはり商品券獲得のためにはまぐれでも
何でもいいので倍レート店舗での万枚が
最低でも1回以上は欲しいところである。


そういえば私は倍レート店舗で万枚は
まだ達成したことがない。
唯一今までで倍レート店舗での万枚が
達成できそうな可能性はどりーむたいむの
時に自らぶん投げた。
重ね重ねこれでは勝てるわけがない。


おそらくこのあたりが商品券に届かない
要因の一つなのであろう。


今年の初めから4か月近く稼働して
ただの1回もプラス収支になっていない。
まぐれでもいいので1回くらい達成して
みたいものである。


まぁこれだけ勝てなければ
モチベが上がるわけもないというもの。


うーん、建設的なネタが出てこない。
こういうときはあまり深く考えない方が
いいのかもしれない。

真剣STAGE夜の部について

前からずっと思っていたのですが
真剣STAGEって夜の部PCの前にいないと
勝てないんじゃない?


昼の部だけでは限界がある気がする。
ジャパングやドリームキャッスルは
やっぱり強いホールだ。


これらのホールにセットだけして
実質8時間以上放置しないといけない
現状では、そもそも勝つのは難しい
ということなのかもしれない。


気付かないふりをしていたのだが
もう限界にきている。
そもそも夜勤者である私の境遇では
真剣STAGEに不利だったのだ。


だからといって職を変えるわけにも
いかないし、困ったものだ。
対処法が見当たらない。


まぁいいや。
気にしてもしょうがない。
何か良い策を思いつくまで
真剣STAGEの稼働はおあずけにしよう。

真剣STAGE実践結果

末尾イベントで設定6を掴み、
ART中の台をハイエナし、
どりーむたいむで設定6のコンチを
投げ捨てるという暴挙に出て
なんやかんやで80万カチモたまったので
アバターを手に入れました。


大体いつもと同じペースでした。
商品券にはかすりもしない、
いつものペース。
知識や立ち回りが以前と同じままなのだから
成果に変化があるはずがないのだ。


これは最初からわかりきっていた。
今回は商品券以外の景品が追加されたから
参加したまでのこと。
今までのケースだとこのペースであれば
最終日に100万カチモの抽選に応募して
それで終了となるのだ。
そういう意味ではこの80万カチモも
全くの無駄にはならなかったので
それでよしとしよう。


個人的には600時間インテを購入したのに
80万カチモしか稼げなかったのは
何とも不甲斐ない成果と言わざるを得ないが
まぁ私の実力ならこんなものでしょう。


次回以降はまたやったりやらなかったり
する予定です。
何か新しい気付きや発見がない限りは
やるとしても無課金とか120時間インテ
くらいではないでしょうか。
基本的に勝てないからね。


商品券が欲しかったら膨大な知識と
経験を持つランカーとやり合うしか
ないのだが、どう考えても勝てる気が
しない。
今回など開催2日目の時点で100万カチモ
以上稼いでいる人がいた。
次元が違うってレベルじゃない。
無理無理。


あと気付いたことがあるのですが
いったん真剣STAGEに参加すると
相当な時間を持っていかれますね。


サミタで使えるコントローラ改造とか
やってるんですけど、全然作業が
進みません。
私のキャパシティでは両立は無理でした。


慣れている人なら完全放置で
いいんでしょうけど、私がそれをやると
とんでもないことになるので。


まぁいいや。
気楽にやろう。
残りの期間は30万カチモの壁紙を
狙いにいく予定です。


以上、ただの日記でした。

最近の真剣STAGE

最近真剣STAGEをやっていて
ふと気になることがあったので
書き残しておこうと思う。


先日ART中の初代まどマギが空き台で
放置されていたのだ。


他にもBB中に放置された初代北斗。
BIG後10回転で空き台となった
初代銭形などが同じ日のうちに
複数のホールで確認された。


もちろんこの手のものはそこまで
珍しいことではない。
リアルホールとは異なり現金がかかって
いるわけではないので、インテ切れや
他の用事など、なんらかの理由で
稼動をやめる人はそれなりにいる。


だが同じ日の同じ時間帯に少なくとも
似たシチュエーションが3件確認された。
これはちょっと多過ぎである。
今まではこういうのは見たことが
なかった。


ちょっと気になったので景品の
状況を見てみたところ、今回追加された
通常STAGEで使用できるアイテムが
ほとんどなくなっていた。


これは明らかに普段真剣STAGEを
プレイしない人たちが参入している
ということに他ならない。
景品がとれたからもういいや、と
なった可能性が非常に高いのだ。


もちろんPCの不調などで
ポータルが落ちてしまったり
不可抗力で離席してしまった可能性も
ないわけではないが、いずれの台も
スランプグラフから察するに
離席後1時間程度は経過している。
明らかに意図的に離席しているのだ。
これは商品券以外の景品追加の
効果と言ってよいのではないだろうか。



やはり商売というものはライトユーザーを
大切にしなくてはならないということ
なのであろう。
現状の真剣STAGEのような、一部の
ヘビーユーザーが倍レート店舗での
稼働のために高額インテを皆こぞって
購入し、熾烈な椅子取りゲームを繰り返す
スタイルでも収益は得られるのであろうが、
いずれ先細りするのは明白。
そういったやり方でサービス終了になった
ソシャゲは山のようにあるし、私はそういう
事例をいくつも見てきた。


私の個人的な意見としては、真剣STAGEは
もっと気軽にできるゲームであったほうが
いいと思うのだ。
そもそも通常STAGEが言い方はアレだが
すでに重度の課金ゲーなのだ。
通常STAGEにおいてはひと月に数万円、
多い人では数十万円と課金するいわゆる
重課金者が大勢いると言われている。
似たようなスタイルを並べても効果は
薄いのではないだろうか。


だったら真剣STAGEのほうは、もっと
ライト層に響くようなつくりにしたほうが
いいような気がする。


少なくとも私はいちユーザーとして
微小ではあるが客層の変化を今回感じた。
これはとてもよい兆候であると私は思う。


以上、ART中の台どころかコンチの設定6を
投げ捨てたセンスのかけらもない
真剣STAGEユーザーの戯言でした。